こだわりの家づくり |

こだわりの家づくり

  • HOME »
  • こだわりの家づくり

こだわりの家づくり

体にやさしい素材

松下工業所では、建材でお客さまの健康を害することがないよう、はいからモダン物語のゼロホルム建材シリーズを推奨しております。ゼロホルム建材はホルムアルデヒド、クロルピリホスを全く使用していないので、改正建築基準法で、使用面積に制限を受けません。また今後規制が予定されているトルエン、キシレンなどの有機溶剤を始め、ガイドライン値が設定されている”問題の13物質”も業界に先駆けて使用しておりません。

本物の畳

0827_1

0827_6

農薬の使用量は通常の1/10以下に低減し、残留農薬の検査結果もお米の残留基準よりはるかに低いものです。
また防虫剤は、人にも環境にも悪影響があるため、伝統技法に基づき畳材料を十分に乾燥させることで、薬剤に頼らない防虫対策を施しています。


天然素材原料の壁紙

0827_2

0827_5

薬品処理もしていませんし、壁紙施工専用糊「アトピッコハウスでんぷん糊」は、防腐剤をほとんど使っていません。
また分散剤等の問題物質も使っていないので、シックハウスの原因となる有害な化学物質は揮発しません。 自然素材の長所である調湿性が損なわれていないので、室内の湿度を適度に調整してくれます。また、カビ・結露等が発生しにくい特徴があります。

無垢の木材でくつろぎを感じる住まい

0827_4

0827_8

無垢の材木は接着剤を使用しない為、健康に優れた住宅部材です。 また、年月を経ても劣化しない「重量感」と「木のぬくもり」があります。 板その物が元々同じ一本の木であったことから、木の細胞が壊れにくく、 木自体の通気性等に優れ、
呼吸する建築材と言われています。

 

天然無垢材で防げるシックハウス

家に居ると体の具合が悪くなる。一歩家から出ると症状が納まる。簡単に言うと、それがシックハウスです。主な原因のひとつとして、新建材とプラスチックばかりの建材が発生させるホルムアルデビドなどの人体有害物質があります。現代の家は昔の家と違って、断熱性や機能性に優れ、 きわめて快適に生活できるつくりになっています。反面、昔の家には使われていなかった様々な化学物質が使用されており、それが原因となってシックハウス症候群となる人たちが増加していることは皆さんもご存知と思います。

天然無垢材のような調湿効果のある内装材を使用することはシックハウス予防に非常に効果的です。湿気の多い季節に、湿気をコントロールしてくれます。また、天然無垢材は静電気をおこしにくいため、昔ながらの「ハタキ」と「ホウキ」での掃除で十分掃除が行えます。 シックハウスの原因になる可能性のある電気掃除機の必要がないため、 体に優しい建築材なのです。

漆喰で健康で安全な暮らし

0827_9

0827_10

漆喰で施された家は、常に炭酸ガスを吸い、100年以上もの間固まり続けます。 それでいて湿気をよく吸収し、通気性にも優れています。つまり、家全体が呼吸しているということなのです。現代の人々に多く見られるアレルギーやシックハウス症候群がますます問題視される今後、自然から生まれた漆喰は吸収放湿性に優れ、カビやダニ、ウィルスまでも死滅させ、有害物質を吸着する、 まさに日本気候に最適な壁材なのです。

 

呼吸する家づくり

一年を通じて湿気が多いのが、私たちの住む日本の気候であり、 アメリカやヨーロッパの気候とはまるで違います。服装も同じですが、私たちが普段着ているもので、ビニールのような湿気を通さないべたつく衣類はあまり着ません。その代わり、綿やウールなどの自然で調湿する衣類を身につけています。

家も同じ事で、通気性がよく、湿気を吸放出する家、いわば「呼吸する」家 が日本のような気候にとってはもっとも適した家なのです。

お問い合わせ・ご相談 フリーダイヤル 0800-600-6673
T-point始めました
 

 

 

 

 





PAGETOP